復縁工作会社の選び方

復縁屋株式会社からのお知らせです。

悲しいことに世の中には、復縁したいと望む御依頼者の心に付け込む復縁屋を騙った悪徳業者が存在します。
現在、復縁屋や別れさせ屋等の離縁業務はメディア等でたびたび紹介されているため、世間で耳にしている人も多いですが、実際にどのように業務を遂行するのかは公表していないため、内情を知らない方は少ないと思います。
そのことを利用し悪徳業者では話だけを聞いて、復縁を実現すると謳い高額な報酬を要求します。
しかし実際に自分では行動せず、結局、願えば叶うといった他力本願とする場合や、普段の行いが悪いなどと非科学的な手段を正当化する極めて悪質な業者もいます。
このように利用者の心につけ込むだけの悪徳業者や詐欺業者が横行しているのも事実なのです。
また余りメディアに取り上げられませんが、利用者と離縁業務でのトラブルにより裁判となっている例も多数あります。
そのため今回、このような悪徳業者や詐欺業者を見分けるための知識を紹介します。

復縁は御依頼者さまの話を聞いただけで、復縁工作をし成功するという例はありません。
復縁業務には必ず復縁工作を行うための下準備として事前調査が必要な工程があります。
そのため復縁屋や別れさせ屋等の離縁業務には探偵業・営業許可証が必要となります。
この調査の際は尾行や張り込みといった行動が必須で、公安委員会の許可がなければ行うことができません。
これは、探偵業法や迷惑防止条例などを取り締まるための法律ですので、この許可も無しに復縁工作を行う会社には絶対に依頼しないようにして下さい。
探偵業・営業許可証がない団体は法的遵守をせず、違法を認知した上で復縁業務をしているため、極めて悪質な集団と考えられます。
探偵業・営業許可証の詳細については、警視庁の「探偵業の業務の適正化に関する法律」等の概要を、ご確認して頂きたく思います。

悪徳業者や詐欺業者を見分けるにはまず第一に探偵業・営業許可証があることの確認を怠ってはいけません。

恋愛の相談に乗れない

甘い誘惑には十分な注意が必要です。
復縁したいと願う方は、藁にも縋る思いで依頼をします。
ですので成功率が高い復縁業者に依頼したいです。
またお金には変えられない事ではありますが、出来るだけ料金の安い業者を選択したいと思うのが普通です。

しかし悪徳業者や詐欺業者は、そんな御依頼者の心に付け込み必ず、本人にとって都合のよい甘い説明を行ってきます。
そして簡単な説明だけで契約を成立させようとしますので、甘い誘惑につられて安易に契約をしてはいけないことを忘れてはいけません。
本来、きちんとした業者であれば、カウンセラーが無料で相談を引き受けてくれることでしょう。
また、恋愛や復縁関係の専門である復縁カウンセラーが話を聞きますので、現在の状況から時には厳しい意見を話すこともあります。

復縁したい、別れさせたいと思う気持ちに答えるために、相談する工程が重要と位置づけている会社こそが信用するに値するのではないかと思います。
相談の際はいくつか質問をしてみて自分が納得のいく回答が貰えない場合は、質問→回答→質問→回答といったことを繰り返し、納得が行くまで話しましょう。
ただここで気をつけなくてはいけないのは、親身になって聞いてくれるからといって良い復縁屋とも限りません。
ここで断言できることは、100%成功する案件や話を聞いただけで成功すると謳うことは絶対にできないということです。
復縁を成功させる為には、御依頼者さまの意見と、綿密な下準備や復縁工作は必須の項目となります。
御依頼者さまの相談もまともに出来ない業者が、そのまま次工程である復縁工作をしても成功の望みは薄いと考えます。

また相談の次の工程は復縁工作となりますが、この復縁工作にもリスクがつきものです。
そのため、このリスクについても的確に話をしてくれる会社を選びたいところです。
自分の大切な人との将来が懸かっているのですから、些細な質問に対しても十分な説明をしてくれる復縁業者を選びたいところです。

非科学的な手段を正当化する業者は無意味です

大切な人と別れてしまった悲しみによって、復縁したいと考える人は時に神頼みや占いに頼りたい場合もあります。
しかしこのような行動は一時的な事とし、占いや願掛けは参考までに留めておいて欲しいところです。
当然ではありますが復縁とは全く関係のないところで、お金を掛けているだけです。
ですのでこれは単純にお金の無駄使いであり、最終的な目的である復縁は到底、できるとは思えません。
それよりも別れた現実を受け止め、復縁するための努力を別の形で実現していきたいところです。

そうすると次に復縁を現実とするために、復縁業者を選ぶ事になるのですが、世の中には復縁業者は多数存在します。
また復縁業者には業者ごとにやり方や方針があり、質も多様化している状態です。
復縁業者よっては、単純にカウンセリングを受けるだけで終わってしまう可能性もあります。
どの復縁業者に依頼するかによって成功するも失敗するも決まり、今後の自分の未来が変わってしまうといっても過言ではありません。
そのため、自分の方針にあった復縁業者を慎重に決めたいところです。
安易な業者や手段を選ぶことは自分の大切な人を失うことだけに留まらず、全てを失うことだってあります。

その中、復縁業者で一番、悪徳とされる業者は非科学的な手段で結論を出す業者です。
このような業者は結局、復縁したいと望む御依頼者の弱っている気持ちにつけ込んでいるだけです。
具体的には復縁を成功させる方法として神頼み、占い、願掛け、運命的な縁であるとか非科学的な事実を並べ、あたかも自然に縁を修復出来ると思い込ませる方式です。
それでいて、高額な報酬を要求する業者となります。
先に述べたように、占いや願掛けは復縁とは全く関係がありませんので、当然ではありますが、このような復縁方法は全く成功する根拠もありません。
また復縁が失敗するだけでなく、御依頼者のお金もむしりとられてしまうため、絶対に選択をして欲しくない業者です。

心霊商法(霊媒)や訴える業者

復縁したいと考えている人は、復縁を成功させるために復縁業者に依頼します。
確かに復縁を少しでも成功させる手段として復縁業者にお願いをするという選択肢は間違っていません。
しかし復縁業者の中には、心霊商法や霊媒で人を騙す業者もいます。
結局、これは復縁したいと望む御依頼者さまの弱っている気持ちにつけ込んでいるだけの復縁業務です。
このような業者は最終的に復縁とは全く関係のないところで、お金を掛けるだけとなり、目的とする復縁は叶わない結果となります。

心霊商法(霊媒)は悪徳商法の一種です。
復縁業務を選択する初期段階で気がついて欲しいですが、悪徳業者はとても口がうまいです。
なので心理的に弱ってる御依頼者さまが気がつかないうちに契約が成立してしまう可能性があります。
少しでも違和感や不安な事があれば、勇気を持って断りましょう。
自分の将来が掛かっている事ですので、気をしっかりと持って行動したいところです。
心霊商法(霊媒)の実態は、最初あたかもカウンセリングを親身に受けているように見せかけて実は何かに誘導しているなど、気がつかないうちに契約をさせられてしまう可能性が高いです。
またその後、祈祷師があたかも霊感があるように振舞って、水子、先祖、前世、昔飼っていたペットの祟りによって縁が成就しないと謳います。
御依頼者はこのような方法でも、復縁出来るならと信じてしまい、無駄なお金を費やすだけとなります。
そして法外な値段で厄除け商品を買わされたり、祈祷料や叙霊料や供養料として不当に金銭をとる商法となります。

当然この業者は復縁したい相手には何のアクションもしておらず、御依頼者からお金をむしり取るだけの悪徳業務です。
当然の事ではありますが復縁が成功するはずがありません。
結局、いちから始めることになりますので、悪徳復縁業者にお願いした無駄な時間とお金を費やすだけになります。
失恋と騙された痛手が残るダブルパンチを受けることになりますので、復縁業者としては選択して欲しくありません。

内容も聞かずに、300万円出せるかなど、費用を言う

復縁屋の復縁カウンセラーからのご注意。内容も聞かずに、300万円出せるかなど、費用を言う

復縁したいと考える人は、復縁を成功させたいと思うが故に冷静さを失う人がいます。
復縁業者の中には、このような復縁したいと望む御依頼者さまの弱っている気持ちにつけ込む悪徳な業者もいる事を忘れてはいけません。
悪徳業者の例として、別れてしまった内容も全く聞かずに復縁を成功させる値段として、高額な固定報酬を要求する業者があります。
前金としてお金を渡し、そこからやり繰りして、最終的に残ったお金は返してくれるなら話はわかります。
しかしこのような業者は、成功報酬込みでの金額にしている業者ですので残金が返ってくることは、まずないです。

別れてしまったシチュエーションは様々です。
内容も聞いていない状況なので、過去に同じようなシチュエーションかの判断もできないことになります。
過去に同じようなシチュエーションはあったとしても、全く同じ金額になるとは考えられません。
その理由として、過去依頼を受けた人とは状況も考え方も違いますし、復縁する相手の置かれている立場や状況もそれぞれ異なります。
また時と場合により日々変化する状況や人の気持ちは同じではありません。
その為、全てが同じ費用になるはずがないのです。
そのため、難易度もその場で変わるはずですので、その固定金額が割に合っていない事も考えられます。

こういった業者は復縁工作の料金の内訳を全く説明しない業者となります。
本来であれば、復縁工作にかかる値段がどのような詳細になっているのかを説明します。
また追加料金が発生する際は、事前に告知を必ず致しますので、過剰な金額は頂かないのが普通です。
しかし、悪徳業者は料金説明の際に、何となく話を晒したり、お茶を濁す場合があります。
また料金の説明さえ、全くしてくれない場合もあります。
さらに、告知無しに追加料金が発生するような場合は信頼できる業者とは言えません。
これを判断するために、必ず契約時に料金の明細となぜその料金が必要なのかについて質問をするように注意したいところです。

復縁工作の概要も教えてくれない業者

復縁について知りたい事や現在抱えている問題がある場合は、復縁会社に相談することをお勧めします。
今では、無料で相談が出来るところもありますので、復縁したいと悩んでいる方は是非、復縁会社に相談して下さい。
早めに実行に移すことが早期解決に繋がります。
復縁業者は数ある実績から様々な相談を受けています。
そのため、復縁のアドバイスや悩みについて的確に教えてくれるはずです。
しかし復縁業者の中には、相談者が悩みや状況を聞いても、具体的な復縁工作の概要を教えてくれない業者がいます。
このような復縁業者は殆ど企業秘密と謳いますので悪徳業者や詐欺業者の可能性があります。
なので直接問い合わせて、親身に答えてくれた復縁業者で選ぶというのも手です。

また復縁依頼をしている場合、本来、事前事後の打ち合わせと報告はすべきと考えます。
連絡の頻度は復縁業者によって異なりますが、実働ごとに報告有無は必要です。
これを行うことで復縁したいと願う依頼者の不安を少しでも取り除く事ができるためです。
更に復縁工作時に掛かった費用も明確になる利点もあります。
そのため、相談者はその日の行動によってどのような成果があったのか、費用はどうだったのかも通知されるため、安心して任せることが出来ることになります。
しかし、復縁工作の概要を教えてくれない業者は実際のところ行動をしたのかしていないのか不明であるため、復縁が成功に向かっているかも解らず不安な日々となることでしょう。
このような業者の場合、過去の事例を突っ込むようにすると、しどろもどろになるなどの特徴が有りますので、試してみる余裕も必要となります。

パートナーと別れることを考えるのはマイナス思考ではありますが、もしもの時のために早め早めに行動し、自分と相性の良い復縁会社を探しておくというのも手だと思います。
あなたの一生の大事なパートナーを失わないためにも、悪徳業者の切り分けは事前にしておきたいところです。

大手を連発する

最近の復縁会社を選ぶときのステータスとしてその復縁会社への口コミや、ネット内で公開している情報から利用する方が増えています。
ネットは何でも調べられる利点がありますが、全てがホントかは疑問があり、最終的なジャッジは実際に利用するユーザが直接、調べる必要があります。
その中で、ある復縁会社は大手を連発する記載がされているところがあります。
このような場合、これを鵜呑みしても良いのでしょうか。
正直、大手だから信頼しても良いかは疑問です。
実際に大手の根拠を聞いてみたところ、ただの自称が大半といったところです。

復縁会社で大手を装うことで依頼客を増やそうとしている魂胆かも知れませんし、それしかアピールするところがないからなのかもしれません。
また大手を装う企業の登記簿の目的欄をみると、インターネット会社から飲食店、居酒屋、カフェと言った、いわゆる何でも屋という特長があります。
つまり殆どが専門職で実施していないので、手が空いたら作業をしてくれるといったケースです。
なので、復縁したいと望む御依頼者の結果が出るのが極端に遅い場合もありますし、復縁が成功する可能性もそれ程高くないのではないかと思います。
そのため、世間的に業界の信頼と信用が薄いいうのも仕方がないことだと考えます。

良い復縁会社を選ぶコツは、業歴や会社の事業規模がしっかりしているかは勿論ですが、それを専門としているかが重要と考えます。
しかし業歴や規模がしっかりしているからと言って、信頼できるとも限りません。
世の中には業歴や規模がしっかりしていても悪徳業者が多数存在しているのも事実です。
また新しく出来たところでも、信頼の出来る復縁会社は多数、存在しているのも事実です。
やはり復縁会社の良し悪しを判断するのは、自分で直接、電話や訪問をしてみて、対応してくれる人は本当に信頼出来そうな人かや自分との相性が合っているかで決めたほうが良いです。
自分の相手との将来を決める決断となりますので、復縁業者の決定は慎重にお願いします。

テレビや出たり芸能人との人脈をPRするが、具体的なことは言わない業者

最近の復縁会社は少人数で実施しているところもあれば、大規模で実施しているところもあります。
また当然のことではありますが、良い復縁屋もあれば悪徳業者も多数存在していることも事実です。
ある程度の実績が伴ってくれば、世間的にも信頼と信用を確固たるものにできます。
そうすると、業界の力もあり復縁会社を経営する方には、芸能人との人脈がある方が多数、存在するようになります。
そして、芸能界など幅広い人脈があるなどアピールするようになるようです。
一般的に知っている芸能人を表に出されると、この復縁会社は有名なのかなと思うかもしれませんが、実際に信頼の出来る復縁会社かというとそうでもありません。
実態はたまたま、依頼してきた芸能人がいただけかもしれませんし、何らかの理由で知り合いになっただけかもしれません。
または実際には人脈はなくアピールだけに使用している可能性もあります。
そもそも、信頼のある復縁会社であれば芸能人との人脈をアピールしなくても良いのではないかと考えます。

復縁したい場合に良い復縁屋を選ぶコツは、人脈も重要ですがどちらかと言うと公的な媒体に掲載している方が信頼出来る復縁屋です。
最近はインターネットからしっかりとした業者を見抜くのは困難となっています。
これは外見はしっかりしていても悪徳業者になればなるほど、逆にそこに注意を払うためです。
しっかりした法人か、そもそも本当に法人(会社)として運営されているのかを見抜くポイントは、自分の目と耳と足で調べることです。
まず確実に調べるには、警視庁サイト等で探偵業への行政処分、営業停止命令を確認することで、ある程度は悪徳業者を選択することはなくなります。
また、WEBサイトの口コミをチェックするのも有効な手です。
あとは自分の耳で電話をしてみて、信頼できそうかを確かめてほしいです。
最後に自分の足で実際に本拠地があるのか、また実際に合ってみて視覚で印象を感じるのも重要です。
依頼をお願いするときはアフターフォローが充実している事も重要の一つです。

復縁の為の契約書が適当

復縁業者を決定し復縁したいと考えた場合、復縁のための契約書を作成してもらう必要があります。
そこでいくら信頼のおける復縁業者だからといって「契約書がなくても、しっかり依頼をしてくれるのでは問題ない」と考えていると後で痛い思いをしてしまいます。
契約書は十分な調査や復縁工作が実施されなかった場合に内容が重要となります。
この世界で口約束程、信頼出来ないものはありません。
信頼のある復縁業者だからこそ、契約書は事前に用意し顧客に十分な説明を行うことは当然としています。
そもそも、契約書が適当に記載されている復縁業者は信頼がありません。

悪徳業者の場合、契約書が適当でクーリングオフの記載が無い事や契約書を持って帰らせて貰えないと言ったトラブルも多々あります。
また弁護士確認を嫌がるケースもありますので十分、注意が必要となります。
復縁工作に違法がなければそれで問題はありませんが、悪徳業者はわざと無効な契約書を作成するところもあります。
また契約書の締結を急がせる場合もありますので、注意が必要です。
この場合、緊急的に期限の迫った場合等が考えられますが、それでも考える時間がとれないのはおかしいと考えた方が良いです。
そのため復縁会社側に有利な何らかの記載がされているか契約書を隅々まで見られると困るような内容が記載されていることがあります。
本来、契約書は契約書の提示と捺印まで、十分確認を取るのが普通の考えです。

契約内容としては、契約・業務期間、範囲、秘密保持、支払いについてや責任の所在を詳しく明記するものです。
また、事務所以外の契約ではクーリングオフ規定が契約書内に見やすく記載されているはずですので、きちんと記載内容の説明をしてもらい、隅々までしっかり確認をし契約を結びましょう。
誓約書は後々、記載通りに作業が実施されたのかを確認する時に必要です。
基本的に契約をせかす業者や切迫感や脅しの入るような自称復縁業者は避けるべきと考えます。

最後に

残念ではありますが復縁業務は世間で注目がされているが故に、優良復縁業者や悪徳復縁業者が多く存在しています。
そのため自分が復縁したいと考えた場合、直接、電話や訪問を実施し十分な調査を行う事で、悪徳業者を選ばない努力をすることが重要だと考えます。
もしも復縁屋と話していて、少しでも不安に感じるような事や違和感を感じるようなことがあれば、勇気を持って断ることも重要です。
復縁は自分と相手との将来が掛かっている重要な決断となりますので、復縁業者の決定は慎重に実施したいところです。

復縁屋(株)を騙る詐欺や悪徳業者にご注意下さい

復縁屋の復縁カウンセラーからのご注意。

No tags for this post.

コメントを残す